次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
SMC PENTAX-F 28mm F2.8を PEN E-P3 で使ってみる。ラフモノクローム+トイフォト効果+ISO1600。

PEN_F28_01
28mm x 2で、35mm判換算で56mm相当の画角となり、いわゆる標準レンズの変わりになる。

PEN_F28_02
とはいえ、この組み合わせ、あまり需要は無いかもしれない。

PEN_F28_03
マイクロフォーサーズで50mm相当画角の明るい単焦点レンズと言えば、NOKTON 25mm F0.95、あるいはLEICA SUMMILUX 25mm F1.4がある。

PEN_F28_04
NOKTONには少し魅かれるところだ。

PEN_F28_05
24mm~28mmの焦点距離の単焦点レンズで、絞り環のあるレンズで、一番明るいとなると、オールドレンズも含めてNOKTON一択だ。

PEN_F28_06
ところで、マイクロフォーサーズ最高のレンズがいよいよ発売になるという噂がある。

PEN_F28_07
M.ZUIKO DIGITAL 75mm F1.8。最高のポートレートレンズだそうだ。

PEN_F28_08
若干焦点距離が長いような気がするのだが、気のせいでしょうか。

PEN_F28_09
きっと、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8のように銘レンズなのでしょう、と期待したいところ。

PEN_F28_10
必要なレンズとなりうるかどうかを判断するために、SMC PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedで練習しておくことにしたい。

PEN_F28_11
というわけで、しばらくSMC PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited + PEN E-P3に挑戦します。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

カテゴリ
記事検索