次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。
28mm単焦点レンズを撮り比べてみた。
1. PENTAX Super-Multi-Coated TAKUMAR 28mm F3.5
2. PENTAX SMC PENTAX-F 28mm F2.8
3. CarlZeiss Distagon T* 28mm F2 ZK
PENTAX K-r に取りつけて、 F5.6、ss 1/125、ISO200、AWBの手持ちで撮影。
やはり三脚を使うべきか。 

28mm_A_1600
まずは一枚目。レンズAとする。

28mm_B_1600
続いて二枚目。レンズBとする。

28mm_C_1600
最後に三枚目。レンズCとする。

それぞれ1600x1066の等倍画像としてみた。

28mm_A_toubai
Aの等倍画像。

28mm_B_toubai
Bの等倍画像。

28mm_C_toubai
Cの等倍画像。

さて、どの画像がどのレンズだろうか。
ほとんど分からない程度の違いだが、はっきり分かるところでは蜘蛛の巣が見える見えないの違いぐらいはあるようです。

正解は、下記を反転してください。
A. PENTAX SMC PENTAX-F 28mm F2.8
B. CarlZeiss Distagon T* 28mm F2 ZK 
C. PENTAX Super-Multi-Coated TAKUMAR 28mm F3.5

正直なところF5.6ではよーく見比べないことにはあまり違いがでないようなので、
次回はもう少し開放気味で撮り比べてみます。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ