次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。


今年の目標として「カメラから写真へ」としたが、今回もカメラの話になる。
子ども撮影におけるミラーレスの利点についてだ。

一眼レフの場合、ファインダーをのぞかないと基本的に撮れない。それがミラーレスの場合、ファインダーを覗かなくても背面液晶を利用しても撮れる。つまり、ミラーレスではカメラの高さや向きにかなりの自由度があるが、一眼レフではない。これは動き回る子供を撮る際には決定的な差となる。(もちろんスマホやコンデジでもミラーレスと同じことができる。)子ども以外でも動物を撮るにしてもミラーレスのほうがいいかもしれないな。もはや自分の背の高さに合わせてのアイレベルでの撮影にこだわる必要はなくなるのだ。

一眼レフでもライブビューボタンなどを押せば背面液晶で撮れるようになるが、機種によってはミラーアップ時のシャッター速度がイマイチだったり、コントラストAF動作になってうまく撮れなかったりする。それにわざわざボタンを押さないと背面液晶とEVFが切り替わらない。それがミラーレスだとEVFから目を離すと背面液晶に表示が切り替わり、EVFを覗いているときとそん色のないAF動作になる。これは大きい。軽いボディとレンズだとなおさら振り回して自由な向きに撮れるので、かっちりきっちり構えて撮るのとは違い、動きのある写真が撮れる。気がする。さらに、一眼レフの場合中央にAFポイントが集中しているが、ミラーレスではほぼ全画面でAFが可能。これも大きな利点。瞳AFもあればなおさらよいが、動いている子どもを撮るなら少し絞って撮ったほうがいいと思う。複数人を撮影していると一人しかピントが合わず、もう片方がピンボケになりがち。晴天屋外ならF8とかF11とかでもいいのではと思う。

これに付随して、液晶モニタがバリアングルのほうがいいか、チルトのほうがいいか、という問題があるが、どちらも甲乙つけがたい。チルトはさっと傾ければ下から上をのぞくような写真も撮りやすくなるが、縦位置だとチルトでは撮れない。(克服している機種もある)
バリアングルはいったん展開動作が入るので面倒だが縦位置でも自由な角度で撮れる。もちろん自撮りも撮れる。写真を撮るには結論としてはチルトでもバリアングルでも、一切固定でもまあどちらでもいいが傾けられたほうがより撮りやすいのは間違いない。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ