次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。

E-PM2


思えば初めて買ったデジカメはオリンパスのキャメディア CAMEDIA。確か20世紀末ごろだったと思う。
640x480の約30万画素しかないデジカメで、EXIFが記録されておらず機種名も不明。おそらくC400という機種と思われる。ほぼ最初期のオリンパスのデジカメだ。デジカメなんてまだまだ珍しく、誰も周りではもっていなかった時代。当然携帯にもカメラはついていないころだ。


C400


次に買ったのがCAMEDIA C-100。このころになるとデジカメもだんだん一般的になってきて、大人のたしなみとして1台コンパクトデジカメを持つのも普通になってきた頃。だいたい出番は結婚式など。これで撮っていたたな。


C-100


C-100

その後はMINOLTAのXtに浮気してから、携帯にカメラに移行して、やがてスマホを手に入れ、デジカメで写真を撮ることもほぼなくなってしまった。

帰ってきたのは妻が買ったXZ-1から。

XZ-1

一番最初に驚いたのはこの写真をパソコンで見たとき。
スマホ(iPhone4)で撮った写真しか見ていなかったので、背景がボケることにとても感動した。

そして調子に乗って買ったのがPEN E-P3。


PEN E-P3 + 14-42mm。
操作に不慣れなまま、デジタルテレコンのまま新婚旅行のハワイを過ごしてしまう。

そしてさらに調子に乗りE-M1を購入してしまう。


E-M1 + 12-40mm F2.8

さらにXZ-1は自分用のを買ってみたり、


XZ-1

売ってしまって、再度買い戻したりしてしまう


XZ-1

そしてE-M5IIを手に入れたりし


E-M5II + 25mm F1.8

最後にたどり着いたのは、コンパクトで高画質のE-M2。


E-M2 + 14mm F2.5


E-M2 + 17mm F2.8

オリンパスのカメラは旅行に、散歩に、気軽に使えてとても良いのが気に入っていたのだけれど、残念ながらビジネス的にはコンパクトさではスマホにかなわず、画質ではAPS-Cやフルサイズにかなわず、コンデジもマイクロフォーサーズも難しい立ち位置になってしまい、立ち行かなくなってしまったのは非常に残念である。

オリンパスのカメラを作ってくださった方々の今後のさらなる活躍を祈り、より良いカメラを作っていただきたいなと思います。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ