次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。


2020年ももうすぐ終わり。

しばらく新しいカメラやレンズのニュースも特になさそうだ。
GoToも一時停止になり、また家で過ごす時間が増えそう。
年明けにはちょっとした帰省&旅行も計画していたがキャンセルすることになりそうだ。
新年の集まりも憚られる中、いったいどうやって毎日を過ごそうか。。。

そもそも写真を撮る機会が激減しているなかで、いかに機材を買いそろえるか、喫緊の課題となりつつある。

前回欲しかったものを見直してみる。
1.EOS R6 + RF 50mm F1.2L、RF24-70mm F2.8L、RF100-500mm F4.5-7.1L
2.EOS RP + RF 50mm F1.8 STM
3.α9III

欲しいかどうかという気持ちでは、大きく変わらない。α9IIIがもう少し持ち直していると思う。
α7RIIIとSIGMA 24-70mm F2.8 DG DNでちょっとお出かけしてきたのだが、やはりものすごいレンズでありものすごいカメラだ。大変良い。めちゃめちゃよく写るし、オートフォーカスもいい。

ミラーレスが一眼レフと違う最大の自由な点は、ファインダーに目をあてなくても撮れることだ。
公園みたいなところで子供を追いかけたり追いかけられたりの走り回りながらでも撮れる。
もちろん一眼レフでもノーファインダーで撮れなくもないが、AF領域が狭すぎてピンボケ写真が量産される。その点、ミラーレスの像面位相差瞳AF搭載機種であり、位相差AFのカバー率が広ければ広い機種ほど、カメラを向けるだけで瞳を狙って取ってくれる。背面液晶も縦位置で角度をつけられるバリアングルのほうがいいかもしれない。α9IIIはバリアングルになっていて欲しいなと思う。

今改めて欲しいものは何か。
1.α9III + SIGMA 50mm F1.2 DG DN + SIGMA 70-200mm F2.8 DG DN + SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN
2.EOS R6 + RF 50mm F1.2L + RF 24-70mm F2.8 L + RF 100-500mm F4.5-7.1L
3.EOS RP + RF 50mm F1.8 STM

α9IIIのスペック次第でR6に行くかどうかを決めたいと思う。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ