次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。

PEN E-PM2+20mm F1.7@まるで絶景!?ズーラシアにて。駐車場もガラガラだった。

夏休みが始まった。
今年の小学校の夏休みは9日間。北国ではなく、横浜市の話だ。
8月1日、2日の土日、8月3日~7日の平日、山の日の3連休、お盆週の8月11日~14日、そして土日で実質16日間の休みだが、平日は9日だけしか休みにならない。例年の半分以下の日数だ。
そして今年はなんと夏休みの宿題がないそうだ。毎日の課題もない。自由研究もない。絵日記もない。短い夏休みを満喫するため、、、との計らいとのことですが、どうなんでしょう。宿題は出してほしかったかな。持ち帰ったミニトマトが熟してきているけどその観察の様子も何もしなくていいそうだ。小学校の休みに合わせて大人も夏休みを取ったもののまあどこかにGo To Travelする気もなく、毎日近場に出かけているのであります。

そうして、久しぶりにカメラを持ち出して写真を撮れるのはうれしい。
久しぶりに持ち出してみると、α7RIII+24-70mm F2.8 ARTの組み合わせはまあまあ重たい。
ずっと持っているのは大変だ。かといってPEN E-PM2はグリップがなさ過ぎてこちらもずっと持っているのは大変。カメラはグリップかもしれない。自分の手になじむカメラとボディを持っていると全然重さは感じないものだけど。D800Eは大きく重かったけど撮影中に大変だなーと思うことはあまりなかった。α7RIVに替えるとグリップ力は向上するのだろうか。このあたりは画質に現れず、自分でしばらく持ち歩いて触ってみないことにはなかんかあわからないところなので難しい。

静止画の画質でいうと今どきはどんなカメラでも満足のいく画質が撮れるだろうから、動画にこだわりがなければ、持ちやすいカメラを選ぶのが一番いい選択肢かもわからんね。でもどうやってそういうカメラを選べばいいか?なかなか難しいところだ。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ