次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
向島に出かけてきたときの写真。

CU50QBM_01
フィルムはColor-Ultron 50mm、デジタルはiPad、Sonnar 135mm + E-P3という布陣で望んだ。
 
CU50QBM_02
このVSL1は露出計が動かないため、iPhone Appの露出計アプリで合わせた。

CU50QBM_03
iPhone Appの露出計がどうやって露出を計算しているかというと、iPhone のカメラはISOとF値が固定でシャッター速度のみが変化する。そこから算出しているようだ。

CU50QBM_04
今回は、頼みの綱のiPhone Appが異常終了してしまい、 使うことが出来なかった。

CU50QBM_05
というわけで勘頼みの露出合わせである。

CU50QBM_06
まあそんなに悪くないようだ。

CU50QBM_07
スカイツリーがにょきっと姿を現す。電線もまた味がある。

CU50QBM_08
VSL1はファインダーが超巨大なので、MFでもピントは合わせやすい。

CU50QBM_09
この神社は鳥居や社や動物の像がたくさんありにぎやかだった。

CU50QBM_10
50mmだとスカイツリーの全景は撮りづらい。 

CU50QBM_11
VSL1用に28mmくらいの広角レンズは無いだろうか。

CU50QBM_12
"QBM 28mm" で検索すると、Color-Skoparexというレンズがあるようだ。カラースコパー?

CU50QBM_13
28mm、50mm、135mmでQBMシステム完成か・・・。

なんて妄想は、レンズの違いがそこまで見いだせなくなってきた今、そろそろ終焉にしたいところです。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索