次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

カメラと写真映像のワールドプレミアショーこと、CP+(シーピープラス) 2017に行って来ました。
場所は今年も横浜みなとみらい、パシフィコ横浜です。


桜木町駅を降りるとさっそくカメラを抱えた人たちがたくさん歩いています。


9:30を目指して会場入りしました。快晴です。

会場は1階ですが、受付が2階になってました。受付を済ませて1階に降りるとすでに長蛇の列ができていました。この段階で家族づれの方は見かけませんでした。。。



10時に会場。中に入り、まずはシグマを見にいきました。



つい先日発表された135mm F1.8 Art レンズや、85mm F1.4 Art レンズがQuattro Hに刺さって展示されてました。ファインダーを覗くとライトが玉ボケしまくりで気持ちが良い。大きなレンズに大きなボディです。




超望遠コーナーへ。



でた。APO 200-500mm F2.8です。もはや兵器のたたずまい。2倍のテレコンとD7200で1500mm相当で撮れます。ここまで大きくなると、ここではまともに写せません。写るのはブースの看板ばかり。正直、看板を大きく撮ってもな、という感じでしたが。マニュアルフォーカスレンズです。電力はどうやって供給しているのか、カメラのバッテリーだけで動くのだとするとなかなかすごいなと思いますがどうなんでしょう。




こちらはAPO 300-800mm F5.6。こんなレンズあったんですね。Sportsブランドでリニューアルして欲しいですね。こちらはなかなか取り回しもしやすく便利そうです。





続いてFUJIFILMブースへ。といってもタッチアンドトライはスルー。さすがに人だかりができており。
今日は滞在時間が限られていたでGFXはお預けです。代わりに、無料プリントサービスにいきました。 XユーザはXで撮った写真をA3に無料でプリントしてもらえます。あとでまた寄ります。





OLYMPUSブースはバスケ?ダンス?男性がくるくる回ってるのを横目に、O-MD E-M1 IIはお店でも触れるのでスルーしようとしたら、見たことある人が喋ってました。オリンパス製品をYoutubeで探すと出て来るこの人、有名な人だったんですね、知らなかった。ジェットダイスケさんというらしいです。



そんなこんなでリコーブースへ。GRが3つ並んでました。触る人いるのかな。
新発売となるKPを探しているととんがり帽子を見つけたので触らせてもらって喜んでたら、よく見たらK-1でした。かなり小さいんだな。モニタの可動がすごすぎる。





タッチアンドトライは並ばなければいけないと教えられたので立ち去ろうとすると、KPのカットモデルを見つけました。ペンタ部分のとんがりは、実はそんなにとがらなせなくても良いのではないか。



KPのクリアモデルも見つけました。スケルトンという言葉がすぐ出て来るのはオヤジだからでしょうか。
イマイチ何を見せたいかがわからず。



ようやく本体を拝めました。KP、意外と高いんですよね。ボディで13万円ぐらい。
8万円くらいなら。。。



 
Panasonic ブースには歴代GHが並んでいました。Gレンズで撮った写真展もあり。畳半分ぐらいのサイズで印刷された写真が並んでました。
こうしてみると、正直マイクロフォーサーズのセンサーサイズがあれば日常生活で印刷するサイズの写真は十分賄えるんですね。。。




トキナーのブースに行くと、トキナーの製品だけでなくさまざまなベンダが所狭しと場所をシェアしていました。その中にSAMYANGも。85mm F1.2とか出して頑張ってますね。昔35mm F1.4のレンズを使いましたがリーズナブルな割に作りも描写も素晴らしかったです。マニュアルフォーカスだったのでそれが我慢できれば。



いよいよキヤノンブースへ。


入ったところはなぜか動画エリア。去年は8Kがあったらしい?が今年は4Kシアター。


1DX IIは4K 60P。5D IVは4K 30P。どうせなら60Pにしてくれればいいものを。。。



このあとCANONの超望遠コーナーへ。200-400mmや100-400mm、300mm F2.8などを試す。
そんななか、800mm F5.6も置いてあり。フォーカスを除くと来場者の顔にピントが合いまくる。
1DX IIで連写をすると気分はもはやスナイパー。。。。





新発売のEOS Kiss X9iを試す。フォーカスポイントの数がとても初級機とは思えない。。。レンズも18-135mm STMで超高速。いいなこれ。。。



続いてEOS M6を試す。EVFがついているのは1台しかなく。操作はしやすい感じ。コンパクトだな。
じっくり使わないとなんとも言えないが、初めて触った感じは悪くない。 



新型標準ズームレンズ。EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM。小さくなったトレードオフとしてF4始まりになってしまった。しかし、広角端はそろそろ15mmとかになってもいいんじゃないか。




EF200-400mmの分解モデル。輪っかの集まりだ。


200-400mmのカットモデル。エクステンダーがついているのは便利。


EF16-35mm F2.8L III USMのカットモデル。レンズ構成図のようだ。さすがにもったいない気も。。。



海外モデルを展示している場所も。もちろん担当は中国語が可能(おそらく英語も)。実は穴場。
こういう時だいたい「中国人ですか?」と聞かれるので「いいえ、違います」と中国語で答えました。


G7X II発見。




G9Xも発見。中国語に夢中になって触るのを忘れてしまった。



ソニーブースへ。バスケか。。。と思いスルー。


ニコンブースへ。キーミッションか。。。と思いスルー。正直客層が違う気も。


今回面白かったのはカシオブース。一番「女子」が集まっていた気がする。
写す楽しさを一番演出していたのはここなのでは。
 
カメラメーカー以外のブースも巡る。


Nissinブースでストロボを試写。i60とi40を試す。おそらくコマンダーを使うような使い方はしないのでi40にしようかな。でもi60のほうが高性能。迷う。
 

その他三脚メーカーなど見て時間切れ
セミナーなど聞きたいが帰らざるを得ない。また来年。
全体的には大手カメラメーカーブースよりもその他のブースのほうが楽しい感じ。 



今年からのコンセプトにしようとしている、「家族連れ」で来るには内容的にはまだまだちょっと厳しいかな。

お次はお姉さん編です。こちらも内容に変化あり。。。 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで