次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

FUIJFILM X70@新宿。

去年の4月に書いたブログを読み返していてハッとした。
 煩悩 [機材沼] : LUMIX GX7 Mark II 妄想 (2)
Panasonic GX7 Mark IIが良さそう。正直Nikon D800E一式からの乗り換えも考えている。 4KフォトとDFDはすごい。ゆくゆくは6Kフォト、8Kフォト。Panasonic ならきっとやるはずだ。 これに12-35mm F2.8、35-100mm F2.8、100-400mm F4-6.3があればなんでも撮れそうだ。 でもそこに12-100mm F4通し、なんていうレンズを出してくれないかなと思う。絶対買うけどなあ。
「12-100mm F4通し、なんていうレンズを出してくれないかなと思う。絶対買うけどなあ。」

パナソニックではなかった。オリンパスが出してくれたじゃないか。12-100mm F4通し、なんていうレンズ。ああ、このブログを見て自分のために出してくれたのか。(そんなわけない)

というわけでOM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4 Proはいつかは何としても買わなければならないだろう。という気分に陥った。

何言ってんだ。気をつけよう。こういう夜は、赤城耕一先生の新刊、「赤城写真機診療所〜そんなカメラは捨てなさい〜」でもダウンロードして読もう。

Comments

    • おかちゃん's comment
    • 2017年02月18日 21:27
    • 5 その赤城先生がレビューで

      「ズームレンズは捨てなさい!」という拙著の言葉をあっさりと撤回して、謝りたくなるほどであり

      とおしゃっていたりもする、悪魔のレンズでもあったりしますね(笑)
    • M42DSLR's comment
    • 2017年02月19日 06:58
    • コメントありがとうございます!
      「ズームは恥だが役に立つ」「ズームレンズも捨てがたい!」なんて言いたくなるレンズですね!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ