次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
買うときはつべこべ言わず買います。

FUJIFILM X70@新宿。Sはシングル、Dはダブル、Tはツインということか。

X-T2が故障中だ。故障といっても撮影には大して支障がないのだが故障といえば故障なので念のため修理に出している。詳細は戻って来てから書く。

だが、よくよく考えたらもう直ぐCP+があったり、長男のお遊戯会があったりと、タイミングを間違えたかもしれない。

カメラが故障すると修理に出している間は撮影ができなくなってしまう。したがって、故障しにくいカメラを選ぶべき。

故障の原因は様々。不意の落下、水没、ぶつけた、などなどあるが、自然故障はたまらない。

これまでの自然故障の経験は、OLYMPUS XZ-1の大きなセンサー埃、OLYMPUS E-P3の電池消耗が激しくなったこと、PENTAX K-rのシャッターユニットがおかしくなったこと、GRのセンサー埃、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm レンズが動作しなくなったこと。そして、今回のX-T2。

嫁さんのXZ-1は修理の間E-P3を使うことになった。でかいと文句を言っていたな。
K-rは二回壊れたので修理後に手放した。GRは自分で分解してセンサーまでたどり着いた。
OLYMPUSのレンズなんかはもう放置だ。

正直XZ-1とGRなどのコンパクトデジカメのセンサー埃のメーカーの扱いはひどい。
保証期間外だとユニット交換の名目で2万円前後のお金を取られる。構造上自分で取り除けないにもかかわらずである。

幸いニコンの一眼レフでは一度も壊れたことはない。そういう意味では、ニコンかキヤノンなのかなあやっぱり。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで