次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

X100WことFUJIFILM X70@日本で羊肉を食べる方法といったらジンギスカンとラムチョップぐらいだろうか。

たまにはX70について書いてみる。GRと比べて見る。
だが、X70のことを書くつもりが、なんだかGRの良さを再認識してしまう結果になってしまった。

結論から書くと、
X70はGRと似ていると言われているが、全然違うカメラだ。思想がまるで違う。

X70は状況に応じてその場で一つ一つ設定を作って撮る。
GRはあらかじめ状況に応じた設定しておけて、状況に応じて瞬時に設定を切り替えて撮る。

よくXシリーズのカメラは電源を切った状態でも絞り、シャッター速度、露出補正の状態が見えるのがよい、と言われるが、GRにはそんなダイアルは必要もない。撮影者が事前に状況を想定していて最適な状態が頭に入っており、その状態を瞬時に作り出せるカメラだ。

---

全体的な操作性の良さでいったらGRの方が一枚上手だ。
特に画像の削除のやりやすさ。GRの場合は再生ボタンが右手で押せるがX70は左手で押す必要がある。
削除もGRは右手だけでできるがX70は左手が必要だ。

---

設定の切り替えも、GRの方がやりやすい。
GRではマイセッティングに登録できる内容が幅広い。AFからボタンの設定までカメラの振る舞い自体を登録でき、ダイアル一つで瞬時に切り替えられる。
X70もカスタム登録できレバーひとつで切り替えられるが、撮影結果の色使いを切り替える意味合いの方が強い。

---

X70では絞り値が変えられるリングがあり、格好良いが、レンズの仕様上F2.8以上しか選べないのでそんなにボケるレンズではないので、F1.4とかで始まるレンズと比べると絞りをコントロールする頻度はそれほど高くない。暗いところで開き、明るいところで絞る、というだけなら自動でやってもらうのとあまり変わらない。絞りの選択よりも、ブレを抑えたり、画質を向上させる目的でシャッター速度とISO感度を選ぶ頻度の方が高い気がする。

GRも同様にF2.8以上しか選べないレンズなのと、F4.0の時がいちばん自信があるようなプログラムラインの動きなのでPモードにすることが多い。あるいはTAvにしてF11、シャッター速度を1/125としてISOオートのパンフォーカス設定のマイセッティングを作っておき、状況に応じて設定をダイアルひとつで切り替えることができる。X70はいちいち自分で作り出してあげる必要がある。

---

露出の切り替えについてはX70の方が便利。GRも右手で露出を上げ下げできるが、設定後にOKボタンを押さないといけないことや、誤操作で気がついたら+4とかになってしまっていることがある。X70は一目瞭然で便利だ。

---

マクロ撮影についてはX70の方が便利。切り替えが不要。GRはいちいち「チューリップ」を押さないと切り替わらない。

---

X70のチルト液晶はあった方が当然便利。GRにはない。これはX70の方が良い。

---

28mmから35mm、47mm/50mm相当へのクロップモード/デジタルテレコンの切り替えは断然GRの方が良い。GRもX70もボディの左側面の似たような場所に丸いボタンがあり、GRの場合はボタンに画角の切り替えを割り当てられる。X70の場合はコントロールリングで画角を切り替えられるのだが、RAW保存設定になっているとそもそもデジタルテレコン機能が使えない。なんて不便なのだ。もちろんGRではRAW保存設定でもクロップモードは使えるしRAW画像も保存される。X70はいちいちJPEGモードに切り替える必要があり、RAWは保存されないので積極的に使うことをしていない。さらに保存後のJPEGの焦点距離も瞬時には見分けがつかない。Exifを仔細に見ると違いがあるようだがカメラではわからない。とれた絵の画角や自分の記憶から判断する必要がある。

---

JPEGの絵作り。これはX70に軍配が上がる。だが、設定方法に関しては問題がある。複雑なフィルムシミュレーションやトーンの設定できめ細かに可能だが、設定の幅が広すぎるので最適な設定を見つけるのに骨が折れるのだ。
例えば、標準設定で人物を撮ると髪の毛が黒つぶれしてしまいがちな気がする。シャドウトーンをマイナスに振れば良さそうだが、髪の毛の描写は繊細になるが全体的にあっさりしてしまいがち。透明感が出すぎてしまう。GRでできるようなくっきりこってりかつ繊細な描写にする設定を見つけられていない。ダイナミックレンジ補正をいじるなどすればいいのかどうなのか。色々と試して見つけるのを楽しみと見るか作業と見るか。もしRAW現像時に数値を変えてリアルタイムに結果がわかればもう少しやりやすくなる。例えばニコンのソフトウェアと同じようにPCで設定をシミュレーションできたらいいんだけど富士のRAW現像ソフトはPCでカメラと同じように現像できないという致命的な欠点がある。パラメータを見つけるのに一苦労だ。GRは割り切っていて「ビビッド」「スタンダード」「設定1、2」しかない。設定についても、彩度、コントラスト、シャープネス、そして周辺減光を設定できるのみ。JPEGは割り切り、細かくはRAW現像でやってね、ということか。GRはGRでRAW現像ではJPEGのような色味が出せないんだけどな。

---

レンズの描写。GRのほうが上だろう。はっきり写りすぎるというぐらい克明に写る。X70はほんの少しより柔らかい印象。決してX70に解像感がないわけではない。好みの問題だろう。

---

AFについてはどちらも似たり寄ったりだがGRの方が迷いがある感じ。全体的にはX70のほうがやりやすい印象。
ただし、パンフォーカスで撮る設定はGRのほうが優れている。マニュアルフォーカス時のフォーカス位置をあらかじめ設定できる。X70はAFとMFを切り替えると、設定しなおす必要がある。

---

ところで、GRのリコー、営業拠点再編/配置転換のニュースが流れてきた。銀座からいなくなるのは大変なことだ。頑張れリコー!応援しております。 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

カテゴリ
記事検索