次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
iPhone 7 Plusのカメラでついにボケた写真を撮ることができるようになった。
まだβ版とのことだが、試せるようになったのは嬉しい。
ポートレート モードとか、被写界深度エフェクトというらしい。
ところで、被写界深度という専門用語がiPhoneに登場したのは感慨深い。意味わからんだろうに。
Bokehエフェクトとかぼかしエフェクトぐらいにはならなかったのか。




身近なところに良い被写体がいなかったので、街を歩いている時に撮ったザリガニ。
もうちょっとマシな被写体はなかったのか。人物も何枚か撮ったがアップは断られた。

結果は綺麗にボケている。(この画像のみ、iPhone 7 Plusと同じオリジナルをFlickrにアップした。他は縮小している)焦点距離は6.6mm、F2.8となっており、いわゆる望遠側のレンズをメインで使っている様子だ。










瓶ビールの口や蓋のあたりまでボケてしまった。
モノだから良いが、人でこうなったら怒られるだろう。というわけでまだちょっとβ版感がある。
もう少しいろいろと試してみたい。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで