次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

Panasonic TX1@舞岡八幡宮。嫁さんにあげたのだが、勝手に借りて持ち出してみた。

OLYMPUS XZ-1を買ってから約5年。珍しく新しいカメラが欲しいという嫁さんの期待に応えて、結婚記念5周年プレゼントとして、Panasonic のTX1を進呈してきた。最初は綾瀬はるかちゃんのCMで見たタッチ操作によるフォーカス変更が気に入ってTZ85が欲しいと言っていたのだが、半ば強引にTX1を勧めた。

結果としては(自分も嫁さんも)大満足である。1インチセンサーのおかげで画質は綺麗。強烈にはボケないがそれなりにボケる。10倍ズームで広角から望遠までこなせる。

なにより、4Kフォト。これは画期的だ。めちゃくちゃで予測不可能な動きを続ける子供を撮ってもバッチリ目線をとれた写真を切り出すことができる。まさにチート。4Kフォトの場合画角が37mmスタートとなるが、この機能の使い方を考えると大きな問題はないだろう。目をつぶった写真が劇的に減る。カメラの操作で好きな画像を切り出すユーザインタフェースが特に秀逸。これなら楽に切り出せる。撮ったその場で出来るのが嬉しい。PCでも後から切り出し可能だそうだが、対応ソフトはWindowsのみのようなので試していない。

フォーカスシフト機能は前後に障害物があるような場面で役に立つかもしれない。ただ、タッチフォーカスでピント合わせもできるのであまりまだ使い方がピンときていないが、使い道はあとからでも考えつけばよいだろう。あとからピントを合わせる機能だけに。嫁さんは機能を試しに使ってみてやはり驚いていた。

パソコンで等倍鑑賞するような超超高画質というわけではないので過度の期待は禁物だが、正直これまで1インチセンサーの画質を舐めてかかってました。ISO3200程度でもスマホ鑑賞やハガキサイズ程度へのプリントをしましたが、十分使える。むしろいい感じにパンフォーカス気味に撮れるので家族写真を撮るのには便利。

明暗差があるようなところで空を写した写真ではちょっとハイライト飛びがちな気がしているがもう少し設定をいろいろといじってみたい、、、と思いつつ嫁さんのカメラなのでまあしばらくは放っておこうかなと思います。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索