次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。
上海アピタ(金虹橋中心)の1階に新しくできたLAYA BURGER、今月初めにプレオープンしていたので行ってきました。

上海アピタにはもう一つ、New York Style Steak & Buergerがあり、いつもそちらに行っていましたので、新しくできるのは結構楽しみにしていました。

店に入るとプレオープンながら満席。 主に中国人で席が埋まっています。店内は賑やかな感じです。New York...はいつもガラガラなのでその点はこちらの方が盛り上がります。日本人のようなお客さんもちょっとだけいました。念のため大衆点評で確認すると星5つ。ホームメイドハンバーグの立て看板もあり、期待が高まります。

ようやく席に座ると、ファミレスのボックス席のようなところに通されました。店員さんに「日本人ですか?」と中国語で聞かれ、そのあとはたどたどしく日本語で話してくれました。明るくて受け答えも良いです。

メニューを広げると、期待のハンバーガーは5−6種類。一番ボリューミーなダブルバーガー?とビールを注文。

5分ほどすると、(はやい)ハンバーガーがきました。


なかなかボリューミーです。

ビールがまだ来ていないので催促します。すると、すぐ持ってきてくれました。


さっそく、ハンバーグを一口。。。。

ん??

んんん???

ミシッとした食感です。

ごめんなさい。僕にはブーハオチーでした。 
なんというか、肉が、、、肉が、、、

肉を食ってる感じがしないんです。

いわゆるグルメバーガー系のしっかりした噛みごたえのあるジューシー系の肉ではなく、
しっかり練りに練った、かまぼこのようなつまった感じの肉でした。
昔食べたことがあるようなレトルトの煮込みハンバーグ的な懐かしい感じ。
期待した食べたいハンバーグではありませんでした。

New York Style Steak & Buergerの圧勝。
こんなことならNew York Style Steak & Buergerに行けばよかった。
(でもあっちはいつもガラガラなので一人で行っても寂しいんです)

期待が高まりすぎていたので、半べそをかきつつなんとか半分食べたあとは、ビールとポテトだけつまんでいました。すると店員さんが様子を見にきました。

店員さん:「もしかして、おいしくないですか???」(中国語で)
僕:「お肉がおいしくないんです。」(中国語で)
店員さん:「お肉がどうおいしくないですか?」(中国語で)
僕:「(説明できんわい)。。。店員さんと店の雰囲気は好きですがお肉がおいしくないんです。」(中国語で)

というわけで、残念ながら食べきれないので半分残して、敗北感に打ちひしがれながら店を出てしまいました。。。。
こんなの初めてです。

店に入って待っている間に見た日本人家族客が同じハンバーガーを頼んでおり、「あんまり楽しそうな顔じゃないなー」と思っているうちに、途中で持ち帰りにして出て行ったのをちらと思い出しました。

どうも思うに、中国人にとってはレアやミディアムレア系のお肉が苦手で、しっかり練って加熱したお肉が人気なのかもしれないなあ。あと、子供にはこっちのほうがいいかもしれない、、、。

賑やかで店員さんは雰囲気良いので、次回以降ハンバーガー以外に挑戦してみるかもしれません。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ