次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
買うときはつべこべ言わず買います。

iPhone 5s@嫁さんにiPhone6を買ったので、お下がりで貰った。Lightroomで適当に処理。
克明に写しすぎるデジカメが今後も本当に必要か。

どういう観点でカメラやレンズを揃えるべきか。そろそろ、未来のカメラシステムを実現してくれるのはどこのメーカーだろうと妄想しながら買う必要がある気がする。そう考えると、カメラを買うのではなくてiPhone6 Plusを早々と手に入れたほうが良いのではないかというような気もしてくる。なぜならば今回嫁さんに買い与えたSIMフリーiPhone6で撮っては送ってくれていた息子の写真がこれまでと違いよくなっているのだ。

ところでスマホに搭載されるレンズを開発しているのはどこなのだろうか。iPhone6のレンズは台湾のメーカーなのだそうだ。むしろこここそが世界一のレンズメーカーと言えるんじゃないのかな。スマホにはそろそろ光学ズームがつくんじゃないかなと思っている。と思って調べたら、もう出てた。ASUSのスマホだそうだ。レンズはHOYA製という噂だ。いくらセンサーが小さいからとはいえ、毎日持ち歩くスマホに光学ズームが標準でついていたらもう大きなコンパクトデジカメなんか買う理由がないだろう。

当然デジカメで撮ったほうが綺麗に撮れる場合がほとんどだけれど、スマホのカメラ携帯性は計り知れない。未来には一眼レフが存在していないかもしれないので、カメラ好きにとっては今が最後の一番楽しいときなのかもしれないなあ。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで