次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

PEN E-P3 + Super-Takumar 50mm F1.4@SANYO Xacti。
息子に渡して遊ばせていたら、うっかりして池に落としてしまった。
中まで水が浸透していたが、しばらく乾かしておいて電池を入れたらまた動き出した。すごい。



Super-Takumar 50mm F1.4@PEN E-P3
EVFあるいは三脚がないと、マニュアルフォーカスでの正確なフォーカシングは厳しい。
E-P3に取り付けているEVFは少し古いVF2のため最新のものと比べると見劣りするが、ないよりは全然マシである。


Super-Takumar 50mm F1.4@GM1S
ところでこのGM1Sふんわり描写は、さすがに何か操作を間違えてフィルタでもかけてしまったのかもしれない。 Exifを確認したところ「撮影コントラスト:軟調」と書いてあった。どうしたらこうなったのかはまだ不明。インテリジェントオートにしていたような気もするが、、、記憶が定かではない。

Super-Takumar 50mm F1.4。マイクロフォーサーズに装着すると100mm F1.4というレンズになる。
マニュアルフォーカス、絞込み測光が必要、開放ではどこにピントが合っているのか不明、など使い勝手は良くないものの、絞るとそこそこ映る。コーティングも古いので効いているのかどうかすら定かではないが、今時のレンズでは得られない描写になるのは面白い。

NikonのAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gも試してみたがさすがにこちらは良く写る。ただ、絞り環がないことから、Gレンズをマイクロフォーサーズで常用したい気持ちは起きない。マイクロフォーサーズにせよ、α7にせよ、ミラーレスに別マウントのレンズを取り付けるなら絞り環があったほうが楽しい。

なんにせよ、単焦点レンズを持ち歩くときには、あれこれとレンズを交換せずにしばらく一本だけ決めて過ごしたほうが楽しそうに思う。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで