次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

@175mm。舞岡公園では毎年鯉のぼりが泳いでいる。


GM1SのキタムラオリジナルセットについてきたLUMIX G X VARIO 45-175mm F4-5.6。
GM1Sと組み合わせると、35mm版換算焦点距離で90-350mmのレンズとなる。
装着するとこうなる。



GM1Sの場合、カメラにレンズを装着する、というよりもレンズにカメラを装着する、という言い方のほうが確かにあっている気がする。手に持ったバランスはそんなに悪くない。

ズーム操作はレンズ横のレバーあるいはズームリングで行う。GM1Sにはステップズーム機能があるので45mm、60mm、75mm、100mm、150mm、175mmにぴったりと合わせることができる。

換算90-350mmというとちょっと中途半端な画角という気がしないでもない。350mmという半端な数字ではなく、300mmや400mmで撮りたくなる。せっかくなら50-200mmの換算100-400mmなら良かった。

(ところで、回転方向がメーカーごとに違うのであまり覚えられない。ズームの方向やフォーカスリングの方向はメーカーで合わせて欲しい。。。せめてマイクロフォーサーズならPanasonicとOLYMPUSで合わせて欲しいのに、それぞれ違うのだからこれはもうユーザいじめとしか言いようがない。)

GM1SにはEXテレコンという機能があり、画像サイズを小さくクロップすることで2倍の焦点距離まで伸ばすことができる。これを使うと700mm相当ということになる。


@175mm、F5.6、EXテレコン2倍。35mm版換算では焦点距離700mm、被写界深度F22相当。
画像の縦横比を3:2にしているので、2272x1520の345万画素だ。
ここまでクロップするのならもしかしたらNIKON 1のほうが向いているのかもしれないな。。。


この組み合わせの良いところは、一眼レフ+望遠レンズと比べて圧倒的に小さく軽いという点だ。一本おまけで持ち歩いても全く苦にならないという点。レンズ交換が面倒に感じているので、ここまで小さいのならもう一台、ファインダー付きのGM5を用意して二台持ち、というのもアリかもしれないなあ。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

カテゴリ
記事検索