次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。

D800E + AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G@沖縄美ら海水族館
今回は唯一ここを訪れている間だけ50mmに交換して使用した。 

もしドラえもんの四次元ポケットがあったら、持っているレンズを全部持っていけるのになと妄想する。ただ、もしドラえもんの四次元ポケットがあったら、その場その場で適切な焦点距離を選べるほどの腕がないので、レンズをとっかえひっかえして持て余すだけだろうとも想像する。結局ズームレンズが単焦点数本になったのと変わらないのだろう。

もしマイクロフォーサーズの機材を持っていたとしたら小型で便利かもしれないが、持っているレンズを全部持っていくだろうなと想像する。7-14mm F4、17mm F1.8、25mm F1.4、35-100mm F2.8でも軽くて持ち歩けた、みたいなブログを書いてしまうだろう。ボディも二台持っていって広角ズームと望遠ズーム、あるいは広角ズームと明るい単焦点レンズと組み併せて楽チンだった、というようなブログを書いてしまうだろう。

すべてのレンズを持っていくことは、ビュッフェスタイルのレストランにいくのようなものだ。ビュッフェスタイルのレストランでは、それなりに美味しいものを少しずつなんでもお腹いっぱいになるまで食べることができるが、食べ終わった後は、あれをやめてあれをもっと食べればよかったとか、食べ過ぎたことを後悔したりして、もうここには来なくてもいいかとも思う。レンズを二本持っていくことは、ラーメンとうどんを同時に頼むようなものだ。だが、そんなに一度にたくさんは食べられないし、味もぼやけてしまう。一つのレンズに絞ることは、店自体が単品メニューしかやっていない店に入るようなものだ。ラーメン屋にするかうどん屋にするか。いつもラーメン屋に入ると決めていればラーメン屋とうどん屋で迷うこともないだろう。

というわけで、あれこれ持っていくのではなくて、カメラは一台、レンズは一本だけ持って行ったほうが旅自体を楽しめるかもしれない。

旅の途中、PEN E-P3に25mm F1.4をつけてぶら下げているお父さんカメラマンに遭遇した。どんな写真を撮っているのだろうかと、見せてもらいたくなった。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索