次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。


夏休みで自由行動が可能になったので、いくつか気になるカメラもあったので久々に横浜のヨドバシカメラのカメラ売り場に寄ってみた。

お目当ては、いくつかあったが、まずは、Panasonic DMG-ZF1000。
4Kも撮れる1インチセンサーの大型センサーを備えた25-400mm相当の全部入りのネオ一眼だ。
実物を見た印象は、レンズがデカ!いや、ぶっとい!
ボディの大きさはGH4と同等なので、まあまあ大きい部類のカメラだ。
これ一台あればだいたいのものは撮れて何とかなる感じなので、ありと言えばありか。 。これ一台なら。。。

次に見たのは、 SONY RX100M3。24-70mm f/1.8-2.8の気合いの入ったレンズと電子ファインダーを備えた一台。売りは小さいことなんだろうな。自分には電子ファインダーが小さくてちょっと使いづらく感じた。小さいのは良いことなんだけれど、これならRX100やRX100M2でもいいかな・・・。RX100を始めとしたソニー製品はたまに欲しい対象にあがるけれどいつまでたってもかえない代表みたいな感じ。

次に見たのは、NIKON 1 J4。今、小さいカメラが欲しい。J4は高速AFと連写で、ペット撮りに良いアピールがされている。ということは子供撮りにも向いているんじゃないか?レンズも少しずつそろってきているようなのでちょっと気になる存在である。

次に見たのは、OLYMPUS E-PL6とE-M10、Panasonic GM1。ちょっとまたマイクロフォーサーズ熱が戻りつつある。何せ小さいのがいい。でもこれを買うと、きっとあれやこれやとレンズが欲しくなり結局E-M1やGH4にM.ZUIKO Proシリーズやパナソニック大三元を無駄にそろえていくことが明白である。くわばらくわばら。。。

次に見たのは、NIKON D810。D800Eの後継機。シャッターを押してみる。うーん、ちょっと期待と違う感じのシャッター音。ゴボゴボという感じ。おかげで、いろいろ改善されていると聞いたけれどあと3年はD800Eを使い続ける決心がつく。本当はD800E用に18-35mmの広角ズームレンズが欲しかったのだけれど、売り切れてしまっていた。最近はレンズをたくさん持ち歩いて、外で交換するのがおっくうになってきている。思えば、竹富島に16-35mmだけ持っていったときが一番いろいろ撮れて面白かったな・・・・。

結局一通り眺めて何も買わずに店を後にし、中華街から山下公園を抜けて桜木町まで歩いて帰った。



買ってから3年経過して4年目に突入したE-P3だけれど、まだまだきれいに撮れていると思うのだけれどな。 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

カテゴリ
記事検索