次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という浮かんでは消える煩悩と向き合うためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
なお、買うときはつべこべ言わず買います。
きのう頂戴した花束がキレいなうちに、PEN E-P3に手持ちのいろいろなレンズを装着して撮り比べしてみました。

■ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
まずは標準ズームレンズから。
P_MZD1442

P_MZD1442

このあとMFのレンズをいろいろと使うのですが、AFはやっぱり便利であることを実感しました。
絵も自分にとっては十分きれい。ズームが使えるのも便利ですし、広角側の14mmもなかなか便利。
部屋の中で記念撮影するときなどには、パンケーキの17mm(34mm)だと近すぎてうまく撮れないことが多いですが、14mm(28mm)ならそれなりにみんなが入れるので、使うチャンスはこれからもたくさんありそうなレンズです。

■ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
つづいて、各地でべた褒めの、お値打ち単焦点ぼけレンズ。
PENを買ってから、三本目のレンズです。

P_MZD45


P_MZD45

いやあ、簡単にきれいに撮れちゃいます。
といっても、正直な話、どっちが標準ズームでどっちが45mm単焦点か写真を見て選べと言われたら、分からないです。
自分には、宝の持ち腐れなのかもしれません。

■ MINOLTA AF 35-70/4
つづいて、祖父のMINOLTA α5000についていた標準ズームレンズ。

P_MAF3570

P_MAF3570
マクロ機能がついているので、結構寄れて便利です。
若干くらめなところが気になりますが、締まりのある色合いが出ていていい感じです。


■ Carl Zeiss Jena Tessar 2.8/50
分けも分からないうちに買った「鷹の目」Tessar。6000円くらいでした。
P_TESSA50_2.8

P_TESSA50_2.8
確かに比べてみると、シャープなような。。。
もともとそれほど明るくないので、少し絞って撮るときれいに撮れるんでしょう。
PENTAX SPでは使えないので、α5000で使いたいところです。
しかし、意外とα5000のAFレンズが(自分の中では)健闘しているので、悩ましいところではあります。

■ Carl Zeiss Jena Flektogon 4/20
続いてCarl Zeissの広角レンズ。
P_FL20

P_FL20

広角なのですが、かなり寄ることができ、広角マクロとして使えます。
とは言っても、マイクロフォーサーズだと画角が変わってしまうことや、F4と若干くらいため、
使いどころが難しいです。やはりフィルムレンズとして使うのがよいのだと思います。
それか、APS-Cサイズのデジイチで・・・・・・いやいや、我慢します。
完全に沼に落ちています。

■ Carl Zeiss Planar 1.4/50 T* ZS
物欲の集大成で購入した一本。
今後は、数万円するレンズを買うことはしばらくないと思いたいです。

P_PL_50_1.4

P_PL_50_1.4

なんというか、、、、。素人目に見ても別格な雰囲気が漂っているのがわかりました。
絞ればかっちり、開ければふんわり。いろんな顔を持った面白いレンズです。 
常に使いたい一本です。


■ HEXANON 38mm F2.8
おまけです。

P_HEX38
ジャンクで手に入れたコニカC35E&Lについていたレンズをマイクロフォーサーズ用に改造してみました。

今回は残念ながら、レンズにハマるきっかけとなったSuper-Takumar 50/1.4は、PENTAX SPの修理に同行しているためお休みです。

撮り比べてみた感想として、レンズより何より、撮り方の勉強をしたいところです。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ