次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
買うときはつべこべ言わず買います。
PEN-EP3を買ってからというもの、写真やレンズ、そしてカメラそのものにハマってしまいいろいろとサイトや本を見ていると世の中にはオールドレンズというモノがあるらしいと知ります。

実家帰ったときに、父親の古いカメラを発見し、譲り受けて来ました。
ケースを開けると、古い匂いが立込めます。
ASAHI PENTAX、SP、SPOTMATICと書いてある。
果たしてどのようなカメラなんだろう。撮れるのかな?
ネットで調べると、東京オリンピックのときに発売されたカメラで、100万台とかいう勢いで売れたカメラだそう。
父親に電話して聞いてみると、オリンピックの年に買ったもので、5万もしたんだ、とのこと。
当時の大卒初任給は二万数千円台、、、ってことは現在の相場で言うと40~50万もの品物ということになります。
とんでもない代物のようです。
ネットで調べれば調べるほどいろんな情報がでてきました。
おそるおそるフィルムを入れて一本撮影してみました。



近所の線路脇の道路にて

当時高価だったカメラが、ヤフオクで1000~10000円程度で取引されているのを見ると物悲しくなります。
しかしカメラ自体は立派なもので、手元にあるSPは一度だけ修理に出したことがあるそうですがまだまだしっかり動きます。露出計も動作します。ISO200にあわせると、ISO400で撮ったときの露出とちょうどぴったり合うようです。シャッター幕がごわごわしていたので写りに影響があるかと心配しましたが、問題なく撮影できました。

機械式のカメラやM42に関心をもつきっかけとなった1台です。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで