次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
いわきには、いくつかのカメラを持っていきました。

祖母の家の戸棚に眠っていた、祖父のカメラ、MINOLTA α5000を借り受けて同行しました。
祖父がことあるごとに使っていたカメラだそうです。
AFの便利さを実感。フィルムを1本使用しましたが、ピンぼけはひとつもなかったです。

000101850025
撮ったうちのなかなか好きな一枚。色が濃い!

000101850012
寄るとそれなりにボケも撮れます。


このα5000、
8年以上放置されており全く触っていなかったようで、
電池室を開けるとアルカリ電池が盛大に液漏れを起こしていました。
さらに、電池の−極のバネの接点は腐食して外れてしまいました。 
(または、液漏れしていたからあきらめたのかも?)

自分もあきらめそうになりましたが、
きれいに清掃して新品の電池と取り替えると、無事動作しました。

発売から30年近くたってもまだ動くというのはすばらしい限りです。 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで