次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
昨日は二俣川(横浜市旭区、相鉄線の駅のひとつ)にある運転免許試験場に行く用事があったので、ついでによこはま動物園ことズーラシアに行ってみた。横浜市立の動物園だ。とにかく広い割にはあまり動物が居ないことで有名だそうなのだが、写真を撮る目的で行ってみるとかなり楽しめる。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@117mm, f/4.5, 1/500秒, ISO200

一方で、メインのお客様である子どもたちの動物鑑賞の邪魔にならないような配慮が必要だ。特に望遠レンズを振り回すときには気を配らないとぶつけたりしてトラブルになる可能性がある。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@123mm, f/3.3, 1/1500秒, ISO200

前置きは置いておいて、動物園を撮るときのコツみたいな話が、赤城耕一さんの「カメラ至上主義!」に書かれている。明るい望遠レンズ、 テレコンの使用、PLフィルタ、一脚の使用などがある。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@200mm, f/3.5, 1/350秒, ISO200

暗いレンズだと柵や網をぼかすことができなかったり、速い動きの動物たちに対応できないからだ。後者はISO感度をあげればなんとかなる。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@200mm, f/3.5, 1/350秒, ISO320

テレコンはあればあったで便利だ。だいたいの動物たちは隅っこの方でふて寝している。E-M1デジタルテレコンをつかえばそれなりに大きく写せる。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@200mm, f/3.5, 1/350秒, ISO200

PLフィルタは反射防止で使用する。水の中で泳ぐ動物たちやガラス張りのオリに囲まれた動物の姿を捕らえるには必須だろう。反射するので基本的に持って行かなかった。それにだいたいガラス張りの展示の場所は暗い。そしてたいていは人だかりが出来ている。撮るのが困難な場所の一つだろう。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@200mm, f/3.5, 1/750秒, ISO200

ところでズーラシアはあまり動物が居ないことで有名だそうだが、払拭すべくアフリカサバンナエリアの拡充を計画中だ。2014年中にはキリン、ライオンなどの動物たちもお目見えするだろう。楽しみだ。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

カテゴリ
記事検索