次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
50mmの焦点距離をカバーするレンズがいつの間にか増えてきたので、OM-D E-M1で撮り比べてみた。

使用するレンズは
・ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD
・LEICA VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6
・ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro
・Super-Takumar 50mm F1.4
・AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

次に、手持ちで遠景を撮ってみた。F4に絞っている。


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWD@50mm, f/4, 1/60秒, ISO200



E-M1 + LEICA VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6@51mm, f/4.9, 1/45秒, ISO200



E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro@50mm, f/4, 1/60秒, ISO200


E-M1 + Super-Takumar 50mm F1.4@50mm, f/4, 1/45秒, ISO200


E-M1 + AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G@50mm, f/4相当, 1/45秒, ISO200

結論から言うとAF-S NKKOR 50mm f/1.8GがZUIKO DIGITAL 50mm Macroの解像力をしのいでいるように見える。ただ、ZUIKO DIGITAL 50mm Macroはもしかしたらわずかに手振れしているおそれがあるように見えることと、NIKKORの場合正確な絞り値ではないので、より絞られている可能性がある。Super-Takumarもこの2本に負けていない。ほんわり描写のなかにキリッとしている。ズームレンズは14-150のほうが若干柔らかい描写をしているように見える。50-200は健闘しているが単焦点レンズには及ばない。手持ちなので微妙にブレがあるおそれがあるのが気になるので次回また三脚を立てて試してみよう。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索