次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
レンズの撮り比べにみなとみらいまで行ってみた。
果たして夜景が撮り比べの対象になるのかというと難しいところだが、近場でほっといても綺麗な写真が撮れるところと行ったら先ずはみなとみらいの夜景だったので行ってみた。

使用したレンズは次の通り。
M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8@12mm,14mm,17mm,19mm, 40mm
LUMIX G 14mm F2.5
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G + Speed Booster
ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro
の5本。

絞りはF5.6で、露出はカメラ任せにして撮ってみた。



E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12
-40mm F2.8@12mm, f/5.6, 8秒, ISO200

M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0 のレンズは残念ながら持っていない。



E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8@14mm, f/5.6, 8秒, ISO200


E-M1 + LUMIX G 14mm F2.5@14mm, f/5.6, 8秒, ISO200

14mmの比較。
等倍に拡大してよ〜〜〜〜〜くみてみると、LUMIX G 14mm F2.5のほうが解像している。赤レンガ倉庫当たりの線がM.ZUIKO DIGITAL 12-40mmのほうがふんわりしており、14mm F2.5のほうがくっきりしている。また、「観光船ターミナル」の文字がよりくっきり見えるのも14mm F2.5のほうだ。



E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8@17mm, f/5.6, 8秒, ISO200


E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8@17mm, f/5.6, 8秒, ISO200


17mmの比較。
等倍に拡大してよ〜〜〜〜〜くみてみると、こちらもM.ZD 17mm F1.8のほうがよく解像している。14mmと同様の傾向があり、赤レンガ倉庫当たりの線がM.ZUIKO DIGITAL 12-40mmのほうがふんわりしており、17mm F1.8のほうがくっきりしている。また、「観光船ターミナル」の文字がよりくっきり見えるのもまた17mm F1.8のほうだ。


E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8@19mm, f/5.6, 6秒, ISO200


E-M1 + Speed Booster + AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G@19mm, f/5.6相当, 8秒, ISO200

19mmの比較。
28mm f/1.8Gの圧勝だ。JICA横浜の文字がくっきり見える。全体的なしゃっきり感はもちろんだが、
なにより夜景で重要な光芒の出方が28mm f/1.8Gはお見事である。12-40mmは、う〜ん、と言う感じだ。
昨日は12-40mm F2.8一本あれば他の単焦点レンズは要らないかな〜なんて宣っていたが、描写を突き詰めるならマイクロフォーサーズも含めて単焦点レンズを積極的に使いたい。


E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8@40mm, f/5.6, 4秒, ISO200


E-M1 + ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro@50mm, f/5.6, 3秒, ISO200

最後は望遠端と50mmマクロの比較。
解像感、光芒、いずれにおいても50mmの勝ち。10mm長いのでよく写るのは当然だけれど、12-40mmにはもう少し頑張ってほしかった気もする。もう少し絞れば綺麗な光芒が出るかもしれない。

全体的に単焦点レンズにはやはり敵わないという結果が今回の撮り比べで分かったのだけれども、どうしてこうなったのか。AF任せにしたのがいけなかったのだろうか。次回もう少ししっかり設定して撮り比べてみることにする。

とは言え、一本で12mm、14mm、17mm、20mm、25mm、40mmと言ったマイクロフォーサーズの主要単焦点レンズと渡り合える性能は秘めている。

ただそうなるとZUIKO DIGITAL 12-60mm F2.8-F4、ZUIKO DIGITAL 14-54mm II、ZUIKO DIGITAL 14-35mm F2、LUMIX G 12-35mm F2.8あたりとの違いが気になってくる。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで