次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
E-P3をJPEG運用し始めてから、今まで触ったことが無かった機能に改めて触れてみている。
その一つが、諧調だ。これまでは標準にしていたのだけれど、これをハイキーやローキー、はたまたオートにすることで写真に変化を付けられることが分かったので試している。

ローキーだとこんな具合。


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/500秒, -1EV, ISO200


フォトヨドバシの写真のような暗い中にもトーンが残っている感じを出すにはこのローキーが鍵だったのかもしれません。

そんなローキーの諧調にして舞岡公園を散歩してみた。


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/750秒, ISO200

レンズはMakro-Planar 2/100 ZF.2 + Speed Booster。35mm判換算で140mmの画角になる。
もう一つオマケに、開放F値がF1.4になる。実はこれがとても嬉しい。


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/3000秒, +1EV, ISO200

M.ZUIKO DIGITAL 75mm F1.8という神レンズとも謳われているレンズがあるが、それに対抗できないだろうか。ただ、ピント合わせをするのが面倒なのでM.ZD 75mm F1.8のほうが圧倒的に使い勝手は良いと思う。


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/125秒, ISO200

Speed Boosterを着けると焦点距離が短くなる。ということは?最短撮影距離も短くなるのだろうか?
AF-S 70-200mm f/2.8Gは1.4mが最短だが、もしSpeed Boosterを着けると50-140mm f/2で最短1mで撮れるレンズになるのだろうか。試してみる価値があるかもしれない。


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/500秒, ISO200

たまたまカワセミを見かけた。せっかくなので一枚おさめたものの、小さくて仕方が無い。ただでさえ焦点距離を短くしているのだ。隣では1500mmのE-M1+MMF3+ZD70-300mm+ボーグ?の紳士が撮影していた。AFもばちばち決まっていて羨ましい。


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/125秒, ISO200

Speed Boosterの醍醐味はなにか?ミラーレス一眼で一回り大きな他社のレンズを使い回せることか?わざわざ面倒なマニュアルフォーカスにしてまで楽しむことなのか?


PEN E-P3 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF.2 + SB@70mm, F?, 1/180秒, ISO200

Speed Boosterの醍醐味は、同じレンズを3倍楽しむことが出来ることだと思う。
一つ目は本来のボディと組み合わせて。もう一つはミラーレス機と組み合わせてPENなら焦点距離2倍を楽しむ。もう一つは0.7倍の焦点距離と1.4倍の明るさの世界。ニコンフルサイズ用に買ったレンズがオリンパスでも十分に楽しめるのはとても興味深い。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ