次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
ドイツのビールの祭典、赤レンガ倉庫のオクトーバーフェストに出かけてきたときの写真が出来上がってきた。久々に白黒フイルムに挑戦だ。

MX20-8

オクトーバーフェストは楽しいイベントなのだが、いかんせんビールが高すぎる。
一リットルで2000円ぐらいかかっている計算だ。

MX20-14

本当にこんなに高いのか。本場のビールの値段を調べてみた。
ドイツ人にとってビールは水と同じ!?
 
R25の2010年のこの記事に寄ると、500mlで50円とのことだ。
やはり日本で開催されているのは、ぼったくりイベントなのだろうか・・・?
本場のドイツに行ってたらふく飲みたいものだ。

MX20-15

ところでこのレンズとカメラの組み合わせは非常にコンパクトで良い。
超小柄のボディと超小柄のレンズで、気分的にはマイクロフォーサーズ程度の大きさだ。 

Comments

    • 山﨑's comment
    • 2012年10月30日 00:03
    • 結構、粒子感が出ているよね。
      フイルム何使っているの?
    • M42DSLR's comment
    • 2012年10月30日 00:11
    • フイルムはネオパンの400です。
      ただ、スキャナ後のjpeg画像があまりにコントラスト低めのあっさり画質だったので、Lightroomでちょっぴり加工しています。
      原因がよく分からないのですが、露出が高すぎたのか、現像のせいなのか、レンズのせいなのか・・・。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索