次々と発売されるカメラやレンズを手に入れてしまいたい、という煩悩を鎮めるためにブログを書いています。
たまに欲望に負けて買ってしまいます。
富士山の麓までキャンプに行ってきたときの写真。車で走行中の一枚。 

SMCM20_1

SMC PENTAX-M 20mm F4は、マイクロフォーサーズでは35mm版換算で40mm相当の画角となる。
せっかくの広角レンズの面白さが発揮できないような気がしないでも無いが、
被写界深度が深いためピント合わせをしなくても撮れるので便利。
実際のところ、どこまで合わせればいいのかを実験しておきたいところだ。 

ところで、マウントアダプタ経由での撮影では、本来ならAモードでの撮影が推奨されるが、ARTモードでの撮影も可能なため、それなりに使い勝手がよい。とは言え、ドラマチックトーン仕上げにするのが前提であれば、そもそも画質はあまり期待できないので、このレンズを使わなくても純正レンズでもいいような気がしないでも無い。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
記事検索